茨木ローズライオンズクラブ公式ホームページ 2024年7月~2025年6月 会長テーマ 
“挑戦と応戦” 未来を創るために We Serve!(私たちは奉仕する)
 
茨木ローズライオンズクラブ
ホーム 会長挨拶 茨木ローズライオンズクラブの紹介 事業案内・報告 過去のデータ
今期スケジュール ライオンズクラブとは 入会案内 写真集 リンク集
ホーム会長挨拶 サイトマップ


第35代会長
生田英和

会長就任の挨拶
 
 
会長挨拶

2024年7月~2025年6月
会 長 生田英和

  

 この度、図らずも茨木ローズライオンズクラブの会長を拝命しました生田英和です。
 2019年入会より、本年で6年目を迎えることになりました。
 もとより経験も、力も、時間も、お金も、何の取柄もない私ですが、本日の船出例会から明年2025年6月までの一年間、更なるクラブの発展に向け、その責務を全うできるよう、皆様のお力をお借りしながら、またご指導を賜りながら、会長の任を務めて参りたいと思いますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 さて、世界は、コロナ感染という未曽有の経験から多くの事を学びました。
 社会インフラの在り方が大きく見直され、それと相まってデジタル社会の飛躍的進歩により、会社の形態も大きく変わりました。 今や日本でさえ、出勤するという働き方を不要とし、新しい働き方が、次々に改革される世の中へと突入しました。

 私が尊敬するイギリスの歴史家であるアーノルド・トインビー博士は、「文明を興すものは何か、それは人種でも恵まれた環境でもなく、かえって劣悪な気候の変化や外の文明からの圧力、刺激、困難に立ち向かうなかで生まれてくるものだ。」と結論しています。
 環境変化の挑戦に対し、立ち向い応戦していく、その繰り返しこそが、人物を作り、新たな社会文明を生み出し進歩していくとありました。

 そうした意味からも、激変していく時代を大きなチヤンスととらえ、応戦の心構えで、「更なる発展を成し遂げ、未来永劫に奉仕活動を持続可能としていくことで、社会の未来を創ることができる。」と、その理念を強く発信したいと考え、今年度のテーマを「“挑戦と応戦” 未来を創るために We Serve!」とさせていただきました。

 つぎに、時代に即した組織運営と確信する「ファシリテーター型組織運営」を理念に、各委員会こそが主役と位置付け、創意と工夫に溢れた活気あるクラブ運営に注力していきます。

 また、明年にCN35周年記念を控える大事な期間と諸先輩の皆様からお聞きしております。CN35周年を大成功へと導くためには、クラブをより強くしていく必要があり、それには正会員30名以上を断固達成し、クラブを成長させていきたいと決意しております。
 どうか、クラブメンバー皆様の力強いご支援とご協力を心よりお願い申し上げ、甚だ簡単ではございますが、就任のご挨拶とさせていただきます。
〔テーマ〕
“挑戦と応戦” 未来を創るために We Serve!(私たちは奉仕する)
 
〔方針〕
- 多様化する社会にあって、持続可能なクラブ運営を目指す ―
1.未来推進会議の継続で、多様性に適合した運営の推進。
2.We Serve!(私たちは奉仕する)の精神に則っり、真に手を差し伸べるべき先へ
奉仕活動の提供。
3.ファシリテーター型クラブ運営の推進
4.全員参画型でアイデアを出し合う会員増強の推進
 
〔目標〕
1.会員増強 正会員3名の増員
2. 2つの新規事業の創出(既存事業の見直し)
3.“SDGs”の更なる推進で、可能限りのペーパレスに取組む
 
 
 茨木ローズライオンズクラブ事務局 〒567-0888 大阪府茨木市駅前3-2-2 晃永ビル504
TEL072-622-8349  FAX072-623-4824
Copyright c 2021
IbarakiRoseLionsClub All rights reserved.